長野県職員労働組合

【ノリ・スケだより】


【委員長湯本憲正と書記長澤口太介が書き込むノリ・スケだより(旧「Wユモトの瓦版」)】

【3主管部交渉を実施しました(その3)】

 7月24日、教育委員会交渉では轟次長が対応され、県立学校では再任用職員が増加している中、同じ業務にもかかわらず生活関連や期末勤勉手当で大きく差があることについて改善を求めました。7月25日、補助機関での青年女性部交渉では玉井人事会長が対応され、青年層、女性部の職場実態を訴え改善を求めました。同日、補助機関現業協議会交渉では、玉井人事課長が対応され、2009年現業に係る大枠合意以降の試験場や県立学校での新たな雇用(特別行託)に係る職員の対応を会計年度任用職員ではなく、正規職員対応するよう求めました。(写真右:再任用職員の改善を求める、写真中:篠田青年女性部長から要求、写真右:上條議長代行から要求)




1 / 339  Next