本文へ移動

トピックス

台風10号被害 長野県派遣職員が被災 支援カンパに協力を
2016-09-02
 8月30日、台風10号による豪雨で東北・北海道地域に甚大な被害が発生しています。
 この台風で、岩手県宮古土木センターへ東日本大震災復興支援のため派遣されている長野県職員10名が床上浸水の被害に遭いました。浸水は台所のシンクあたりまで及び、職員、家族は無事であったものの、家財、自家用車がすべて使用不能となりました。浸水当時は災害対応で勤務中で、自宅にいた職員もあまりに早い浸水に避難できず救助されたとのことです。
 県職労には、被災組合員から生活再建のための共済制度活用等、様々な問い合わせが来ています。制度上で対応できるものは限度があることを考慮し、県職労で被災者に対する支援カンパを取り組むこととしました。組合員の皆様をはじめ、多くの皆さんからのご支援をお願いします。
 カンパは当面9月9日(金)までの間実施します。また、県当局においても建設部機関でのカンパも実施されます。
 

長野県職員労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2 県庁8F
TEL.026-235-0602
FAX.026-232-7790


■職場環境・労働条件の改善

■地方自治の発展


TOPへ戻る