本文へ移動

長野県職員労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2 県庁8F
TEL.026-235-0602
FAX.026-232-7790


■職場環境・労働条件の改善

■地方自治の発展


ノリ・スケだより

委員長湯本憲正と書記長澤口太介が書き込むノリ・スケだより(旧「Wユモトの瓦版」)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

愛知県職労の久田委員長が来局られました

2020-07-10
7月9日、愛知県職労の久田委員長、長田書記長、坂野書記が県職労本部に来局されました。台風19号災害により復興対応のため愛知県から長野県に長期の災害派遣に来られている愛知県職労の皆さんへの応援のため来局されました。佐久建設事務所、長野地域振興局農地整備課で対応されています。県職労の独自要求では、本県に派遣に来られている皆さんへの丁寧な対応を求めています。
愛知県職労 委員長ほかの皆さんと

自治労県本部小川書記長からフードバンク信州に食品を寄贈されました

2020-07-03
新型コロナウイルス感染拡大の影響により支援要請が増える一方で、支援に充てる食品を家庭から持ち寄ってもらう活動である「フードドライブ」は、各地のイベント中止の影響で減少しているといわれています。このことから県職労は上部団体である自治労長野県本部に結集し、「NPO法人フードバンク信州」が実施する生活困窮者への食糧支援事業である「フードドライブ」に賛同し食品を募集しました。本日、県本部小川書記長が代表して、缶詰、インスタント食品、菓子など約90kg(220点)を美谷島副理事長に寄贈されました。短期間の取組みでしたが寄贈いただいた皆さんありがとうございました。
県本部小川書記長から寄贈
ご賛同いただきありがとうございました

連合長野 根橋会長、相澤副会長が来局されました

2020-06-24
左から西澤副会長、根橋会長、相澤副会長
6月24日、連合長野 根橋会長、相澤副会長(電機連合)と西澤副会長(県本部委員長)が激励のため来局されました。根橋会長から「この間、新型コロナウイルス禍で組合活動も制限せざるを得ない状況ですが、今だからこそ 働く仲間が団結して取り組むことが重要」と相澤副会長からも激励のあいさつがあり、元気をもらいました。

県病院労組 信州医療センター支部の皆さんとの懇談会

2020-06-23
6月22日午後5時より須坂市の信州医療センターにて県病院労組 比田井委員長に調整いただき、同支部の組合員の皆さんと自治労組織内議員の中川県議と同じ会派の埋橋県議との懇談会に出席しました。県病院労組の皆さんはかつて同じ県職労の仲間として取組んできました。独立行政法人の機構になり10年になりますが現在も同じ自治労の旗の元、連携して取り組んでいます。今回の懇談は中川県議からの要請もあり、急な依頼にも拘らず多くの仲間の皆さんに対応いただきました。生の声を聴き、ご苦労と大変さに胸が熱くなりました。改めて最前線で頑張っている皆さんに敬意と感謝を表します。
 
詳細は県病院労組さんのHPにてご確認いただければ幸いです
 
中川県議の一般質問
 
 
     
 

第83回定期大会で退任された役員の皆さん

2020-06-22
6月19日、Webにて開催した第83回では副委員長であった梅本さん(下伊那支部で出席)、青年女性部選出の中央執行委員であった水越さんが退任されました。小山中執からユーモアたっぷりにお二人の功績の紹介がされました。梅本前副委員長は中執を5期10年、副委員長を任期途中で管理職への人事異動により退任となりましたが、いつも優しい眼差しで見守りつつ、交渉では厳しく追及されておられました。また、ご本人からは任期途中であることから組合費相当分を寄付したいとの申し出もあり、本大会で決定しました。また、水越中執は青年女性部選出として2期2年、青年女性部の役員の皆さんと絶妙な連携により取り組んでこられました。特に最大の功績は任期中には県職労運動を通じて、ご結婚されました。小山中執からのご結婚に関する温かい紹介でWeb大会にも拘わらず、全ての会場が一気に和やかになりました。お二人の皆さんのこれからのご活躍、ご健勝、水越夫婦のお幸せをお祈りします。
梅本前副委員長からあいさつ
水越中執からあいさつ
梅本前副委員長に感謝状をお渡ししました
水越中執に感謝状をお渡ししました
TOPへ戻る