本文へ移動

ノリ・スケだより

委員長湯本憲正と前書記長澤口太介が書き込むノリ・スケだより(旧「Wユモトの瓦版」)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

北信地連県職労委員長会議Webに参加しました

2021-05-26
初めてのweb会議
5月25日、北信地連県職共闘会議の委員長会議Webが開催され参加しました。新型コロナのため、約1年半ぶりの開催でしたが、久しぶりに顔を見ながら(途中:石川県職労 西盛委員長が音声のみのトラブル)あっという間の1時間30分でした。幹事県の富山県職労の鴨野委員長の進行で各県のコロナ禍の中での取組みの報告や苦悩などを情報交換し、組織強化を進める中で、組合員の皆さんか安心して働き続けられる環境をめざすことを確認しました。

篠田元副委員長が来局されました

2021-03-26
3月25日、篠田元副委員長が会計年度任用職員もこの3月末で完全退職されることとなり、県職労本部に来局されました。篠田さんから、「高校を卒業し県職員、再任用職員、会計年度任用職員と県に49年間勤務し、その多くが福祉職場で、厳しい家庭環境、体に障がいがあっても頑張っている人たちに逆に元気をもらい、長きにわたって勤めるめることが出来た」とあいさつをいただきました。篠田さんがおられるところはいつも明るく、和やかな雰囲気になりますが、当局交渉ではいつも厳しく、的を得た主張がとても印象的でした。かつて書記長時代に頂いたメッセージを今も肝に銘じ大切にしています。これからもお元気で益々のご活躍をご祈念しています。
篠田元副委員長からあいさつ
団結ガンバロウ
書記長時代に頂いたメッセージ

2020年度第2回県職員安全衛生委員会が開催されました

2021-03-23
3月22日13時15分より県庁議会棟会議室において県職員安全衛生委員会が開催されました。委員には組合側として執行部と4ブロックから7人が任命され6人が出席しました。委員会ではコロナ禍の中での職員の健康管理やストレスチェックのほか、ACE県庁の取組み、公務・通勤災害の認定状況が事務局から説明がありました。コロナ感染防止対応を最前線で行っている保健所職場の組合側委員から感染拡大時の厳しい実態等の報告から長時間労働が続く中、事後の健康障害を危惧するため、引き続きの当局からの丁寧な対応を求めました。また、当局側の精神科医委員からは、昨今の精神科への相談の大多数が根底にコロナにあり、「つながり、連携、組織で行うことが重要」とのコメントがあり、組合は、少しでもその一翼を担うことが重要であることを実感しました。

2020年度第1回中央委員会を開催しました

2020-12-18
12月15日に開催した中央委員会の状況です。新型コロナ感染防止を図り、入り口では検温、手の消毒、1時間毎に換気を行いました。(開催時間も短縮し概ね2時間としました)
資格審査委員会から報告(大久保中執)
議事運営委員会から報告(岩下中執)
経過報告の一部(太田組織部長)
中間会計報告(山邉次長)
監査報告(前田監事)
中間総括、当面の闘争方針(澤口書記長)
青年女性部報告(伊藤部長)
現業協議会報告(牧野議長)
2020-11-12
2020地公労交渉が合意
2020地公労メンバー
2020地公労交渉は、新型コロナにより例年にない情勢の中でしたが、多くの話合を続け合意に至りました。地公労の組合員は、昨年の台風災害、7月の豪雨の復興、新型コロナ対応など最前線で行っています。組合員の仲間が元気で安心して働き続ける環境をこれからもの目指し要求していきます。

長野県職員労働組合
〒380-8570
長野県長野市大字南長野字幅下692-2 県庁8F
TEL.026-235-0602
FAX.026-232-7790


■職場環境・労働条件の改善

■地方自治の発展


TOPへ戻る